회사소개

ごあいさつ

海外教育事業団は1984年、ソウル汝矣島(ヨイド)で韓日教育開発院という社名で日本留学の業務を開始しました。当時は海外留学業務を行う会社は指を数えるほどであり、特に日本留学を専門に取扱うところは私たちが唯一の会社でした。

それから30年の年月が過ぎました。世の中は多様な姿へと発展、変貌して来ました。留学に行く人の目的もより一層多様化しました。そのため、日本留学の専門を標榜する私共は、さらに専門性を強化するため、学校情報・専攻情報・手続情報・生活情報・就職情報などを入手し、整理・提供に努めています。

海外教育事業団は、日本留学手続きのほかに、日本留学に関する図書出版にも努めています。『日本留学ガイド』『日本留学試験既出問題集』の発行に尽力しており、以前には『J-BOOK』という日本大衆文化を韓国に紹介する雑誌を発行しまた、『HOT CHILI PAPER』という韓国大衆文化を日本に紹介する雑誌も発行しました。

海外教育事業団はさらに、留学生の航空券手配、中・高・大学生の修学旅行や団体研修旅行、日本人家庭のホームステイに至るまで、海外旅行業務を行うことで、総合的に海外教育業務を推進しています。

なお、私はこの事業とは別に、社団法人韓日協会の理事長を勤めており、韓国と日本の民間交流、特に青少年交流に力を入れております。韓日協会は、日本留学試験、日本留学フェアを日本の機関と共同で実施しており、中高生の日本語競試大会、大学生の日本語翻訳大会などを主催して日本への留学を振興する働きをしております。

グローバル時代に世界をリードする人材を育成することにより、人類発展と世界平和に貢献するという理念の下で事業に取り組んでいます。特に日本は留学先としての価値がとても大きいです。日本は青年学生に跳躍と出世のきっかけを提供し、経済力や技術力など学ぶべきものが多く存在する先進国であることは否めません。日本留学の意志を持つすべての青年学生に私たちは激励を贈ると共に留学成功のきっかけをより充実に提供するため、更なる30年を設計しようとします。

(株)海外教育事業団 代表取締役 宋 富永

会社概要

会社名
 (株)海外教育事業団
事業内容

 
 留学事業部=韓国留学開発院
 出版事業部=海外教育事業団/出版
 旅行事業部=海外教育事業団/旅行
業種業態
 
 サービス=一般旅行業
 製造=出版業
許可登録

 
 瑞草税務署登録=一般事業者登録(101-81-37565)
 瑞草区庁登録=出版社の申告(第16-1456号)
 ソウル市登録=一般旅行業(第924号)
資本金
 3億5千万ウォン
設立日
 1984年10月1日

会社沿革

1984年
 「韓日教育開発院」設立(汝矣島五輪ビル)、日本留学業務開始
1985年
 「(株)世進事業団」設立、「汝矣島(ヨイド)外国語学院」の買収、経営(5年間)
1988年
 英語圏留学業務開始(米国、カナダ、英国等)(以後1999年中止、日本専門とする)
1988年
 図書出版「韓教院」設立、1997年まで約50種類発行、版権譲渡
1990年
 「韓日教育開発院」を株式会社に設立変更
1990年
 「日本留学合同説明会」開催、2000年まで22回開催
1994年
 江南、鍾路、釜山に留学センターを設置し、2003年度に江南センターに統合
1994年
 「(株)韓国留学開発院」に社名変更
1997年
 「株式会社海外教育事業団」に社名および組織変更、現在に至る
1999年
 日本文化情報誌『J-BOOK)』発行、2011年3月休刊
2000年
 韓国文化情報誌『HOT CHILI PAPER』発行、2013年2月休刊
2002年
 「韓国通訳学院」設立(2年間運営後、閉院)
2003年
 現在の住所に移転(瑞草区瑞草洞斗山ビル)
2007年
 「(株)クレモナイン東京」(バイオリン製作販売事業)設立、2009年廃業
2014年
 創立30周年

事業内容

■ 留学事業

高等学校留学

国ごとに教育制度が少しずつ異なるが、目的に合わせて準備し適正な時期を選べば、誰でも適応力を高め高等学校時代に成功里に海外教育の道を切り開いていくことができます。自分の子供たちを留学させながら体得した経験とノウハウを生かして学生に適会する学校を比較・選択し早期留学を設計する専門カウンセラーがおります。

学部留学

誇らしげな我々の子供たちが、世界レベルの高等教育を希望する場合、語学能力を備えれば、正規学生として留学ができます。まだ語学能力が足りない場合は、条件付き入学や語学研修を経て学部留学を準備することもできます。高校生時代の成績が心配されても修学能力や目標意識がはっきりしていれば、大学は扉を開いてくれます。

専門学校留学

将来の職業のために専門的な技術・技能を学ぶ専門学校留学が実用留学という意味で人気を集めています。日本の分野別専門技術を習って職業前線の競争力を培うことは21世紀型の留学です。

学問研究留学

大学・大学院の課程に留学し、学問的研究を目標にしている場合、最終目標はやはり学位です。名門大学の最終学位を取得するために自分の実力を最大限に生かしてアプライできるよう、お手伝いします。

語学研修

言葉を学ぶ課程を語学研修といいます。グロバル時代を生きるために外国語駆使能力を備えるための長期・短期語学研修プログラムがあります。特に財政能力、期間、目的に合わせて設計したオーダーメイドプログラムをお勧めします。

その他の分野

芸能留学、体育留学、企業研修、MBA、ホテル学校、最高経営者過程、教師の海外研修、夏休み海外研修など、様々なプログラム

HEDが制作・運営するウェブサイト

▶海内教育事業団:www.hedgroup.co.kr
▶日本大学校情報センター:www.univ-hed.co.kr
▶日本大学院情報センター:www.grad-hed.co.kr
▶日本専門学校情報センター:www.prof-hed.co.kr
▶日本高等学校情報センター:www.high-hed.co.kr
▶韓国留学開発院(総合):www.hed.co.kr
▶ホームステイインジャパン:www.homestay-in-japan.co.kr
▶その他個別学校ウェブサイト制作・運営:22校あり

■ 出版事業

海外教育事業団は今まで日本留学や英語圏留学に関する情報冊子を多数発行し、また日韓の大衆文化雑誌を手かけたりして、最近は『日本留学試験既出問題集』と『日本留学ガイド』を主に発行しています。

▶ 『日本留学試験既出問題集』シリーズ発行(毎年2回実施の試験問題集を発行)

 ▲ 2015/03/01
 ▲ 2015/09/01
 ▲ 2014/03/01
 ▲ 2014/09/01
 ▲ 2013/09/01


▶ 『日本留学ガイド』など発行、2006年度から毎年1回発行

 ▲ 2015/09/01
 ▲ 2014/09/01
 ▲ 2013/09/01
 ▲ 2012/09/01
 ▲ 2011/09/10

■ 旅行事業

海外教育事業団は一般旅行業のライセンスを保有しています。韓国旅行業協会の会員としてインバウンドとアウトバウンドの業務に関する登録をしています。したがって、ビザ発給業務をはじめ、海外旅行に関する業務を行うことができる資格があります。さらに、留学に関連する旅行業務をすべて実行することもできますし下記のような業務が可能です。

① 学生の修学旅行:日本に小中学生・大学生の修学旅行や団体旅行

② 学生の短期研修:夏休みを利用した学生たちの短期語学研修及び各種研修旅行

③ 学生の航空券手配:留学生をはじめ、短期研修生の航空券を予約、発券する業務